性病の種類を学ぶ-症状・感染・治療薬など-

性病の種類を学ぶ

性病の種類について

どんな種類の性病があるの?

性病は、古来より私たち人間を苦しめ、時には死に至らしめてきました。
その歴史は紀元前にまでさかのぼります。(古代中国やエジプトで淋病の記録が残っています)

医学が進歩した現代でも性病が撲滅されることはなく、今でも多種多様な種類の性病が世界中で蔓延しています。
現在、確認されている性病の種類として、以下が挙げられます。

これら多くの種類の性病は、性行為の低年齢化などの要因が感染拡大の一端を担い、どれも根絶の兆しを見せていません。
大切なのは、私たち一人ひとりが性病についての正しい知識を持ち、意識して対策を行う事です。
当サイトでは、性病の種類ごとに症状や感染経路、治療薬などの情報を集めています。

性病の種類-ヘルペス-

ヘルペスってどんな種類の性病?

ヘルペスは感染する部位により、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどと呼ばれます。
性行為をしなくても感染する事がある事から、必ずしも性病であるとは言い切れません。
この種類の特徴として、初感染時に、酷い熱や水ぶくれを伴った重篤な症状が見られるというものがあります。

ヘルペスについて詳しくはこちら

この種類の性病に見られる症状

ヘルペスの薬

ヘルペスの薬は抗ウイルス薬と呼ばれるもので、ヘルペスが発症した際の症状を抑える効果があります。
あくまで症状を抑える為だけのものであり、ヘルペスを完治させることは現代の医学では不可能です。
ヘルペスの薬にはそれぞれ服用回数の少ないものや安価なもの、薬が小さく飲みやすいものなどありますので自分に合ったものを選びましょう。

ヘルペスの薬について詳しくはこちら

性病の種類-クラミジア-

クラミジアってどんな種類の性病?

クラミジアは、日本で最も感染者数の多い性病の種類の一つとして知られています。
この種類の最も大きな特徴としては、感染しても自覚症状が現れない事が多いという点です。
クラミジアへの感染に気付かずに、性行為を重ねてしまう事が感染の拡大の要因の一つです。

この種類の性病に見られる症状

クラミジアについて詳しくはこちら

クラミジアの薬

クラミジアの薬は、クラミジアの原因菌である細菌を抑える効果のある抗生物質です。
クラミジアの薬を使う際の注意点として、細菌がその種類の薬に対して耐性を持っている可能性があるという事です。
薬を服用しているのに、全然効果が現れない場合には違う種類の薬に切り替える必要があります。

クラミジアの薬について詳しくはこちら

性病の種類-カンジダ-

カンジダってどんな種類の性病?

カンジダは性行為によって感染する事もありますが、基本的には体調不良などを原因として自己感染によって発病する病気です。
上記の事から、正確には性病の種類には含まれないという見方が一般的です。
"膣カンジダ"という呼ばれ方で広く知られているように、女性の方が圧倒的に発症する可能性が高いです。

この種類の性病に見られる症状

カンジダについて詳しくはこちら

カンジダの薬

カンジダの薬は真菌(カビ)に対して効果のある抗真菌薬になります。
薬の形態が飲み薬、クリーム、膣錠などと種類がありますので、自分に合ったものを使いましょう。

カンジダの薬について詳しくはこちら

性病の薬

トップに戻る