カンジダ

カンジダってどんな病気?

カンジダは性行為に関係なく発症します。

「性器が痒くて夜も眠れない」
「疲れるとおりものが濃くなる」
「SEXしてないのに性病みたいな症状がある」

これらの症状が見られるのであれば『カンジダ』を発症しているのかもしれません。
カンジダ カンジダの原因菌であるカンジダ菌は、身体の中に常在している菌の一種です。
このカンジダ菌が異常増殖して、性器周辺に炎症やかゆみなどの諸症状をきたす病気を『性器カンジダ(カンジタ)症』または『膣カンジダ』と言います。

カンジダ菌は性器周辺に多く住んでいる事から、性器に症状が現れる事がほとんどですが、時として口など、性器以外の場所に発症する事もあります。口の中で発症した場合は『口腔カンジダ』と呼ばれます。
性器に発症する事が多い事から、性病(性感染症)として認知されている事が多いですが、性行為に関係なく発症する病気である事から、正確には性病に属しません。

カンジダの症状

主に女性に多い病気です。

カンジダは、性器の構造上、蒸れやすい女性の方が圧倒的に発症する確率の高い病気です。女性の発症率は5人に1人とも言われています。
一方男性でカンジダを発症するケースはまれであり、発症しても軽度な症状に留まる事がほとんどだと言われています。

女性の症状について詳しくはこちら

男性の症状について詳しくはこちら

カンジダの治し方

治療薬の使用と生活の改善が大事です。

カンジダを早く治す為には治療薬の使用は欠かせません。

さらに病院では、治療を目的とした膣洗浄を行っている所もあります。
また、カンジダを治すのに適した生活習慣を身に付ける事も大切です。

カンジダの治し方について詳しくはこちら

カンジダの薬

薬を安く購入する方法もあります。

カンジダの薬は抗真菌薬になります。
クリームタイプのものや膣錠タイプのもの、服用するタイプのお薬もあります。
安く購入するにはジェネリック医薬品や通販の利用がおススメです。

カンジダの薬について詳しくはこちら

カンジダと妊娠

妊娠のタイミングによっては危険なことも…。

妊娠中の母体はカンジダを発症しやすい状態になります。

また、妊娠中のカンジダが胎児に影響を与える事もあります。
胎児に与える影響は、カンジダを妊娠のどの時期に発症したかにより異なります。

カンジダの妊娠に与える影響について詳しくはこちら

カンジダの再発

カンジダが再発してしまう原因を紹介します。

カンジダは免疫力の低下などを要因に再発を繰り返す事があります。
大事なのは、自分がカンジダを再発してしまう原因を突き止め改善する事です。

カンジダの再発について詳しくはこちら

カンジダを放置

カンジダの放置は危険?自然治癒はする?

カンジダは放置していても自然治癒する事があります。
しかし、放置した事により逆に症状が悪化してしまう事もあるのです。

アナタのカンジダは放置しても良いカンジダ?放置したらダメなカンジダ?

カンジダの放置と自然治癒について詳しくはこちら



カンジダメニュー

トップに戻る