カンジダの放置

カンジダは放置しても大丈夫?自然治癒するの?

軽いカンジダならば放置していても治る事があります。

「カンジダになったけど放置してたら治った」

そんな話を聞いた事がある人もいるかと思います。
実際にカンジダは放置していても治る事があります。
女性の膣には自浄作用があり、症状がごく軽いものであれば、自然治癒する事ができるのです。

しかし、カンジダ放置していて治るのは症状が"ごく軽いもの"だけです。
自分のカンジダが放置しても大乗なものかそうでないかはしっかりと見極める必要があります。

放置したらダメなカンジダ

放置していても自然治癒するカンジダは症状が軽い物だけです。
以下の症状が見られる場合はカンジダが悪化しているので、適切な治療が必要です。

これらの症状が見られなければ、放置していてもカンジダが自然に治ってしまう事も多いでしょう。

カンジダの放置が招く危険

やっぱりカンジダは放置はしない方が良い

軽いカンジダならば放置していても治る事はあります。
とは言え、素人判断で大丈夫だと思って放置しておくと、かえってカンジダが悪化してしまい、時間をかけた治療が必要になってしまう事もあります。
やはり、カンジダの症状を少しでも感じたら放置せず、早急に医療機関での診察を受けるようにしましょう。
カンジダの放置によって引き起こされる危険として以下が想定されます。

排尿障害

カンジダを放置して痒みや痛みが悪化すると、排尿障害を患う事になります。
尿意はあるのに排尿が思うようにできなかったり、排尿の度に強い痛みを感じるようになったりします。

おりものから酷い悪臭

カンジダが悪化した際の、おりものに見られる異常の一つに『悪臭』があります。
悪臭は魚が腐ったような強烈なもので、そうすると服の下からでも臭ってくる事があり、とても放置できません

慢性化してしまいます。

カンジダは放置して一度治ったと思っても、またすぐ再発してしまう事があります。

カンジダは自身の免疫力の低下によって発症する病気です。
発症してしまった原因を突き止めて改善しない限りは、何度も再発を繰り返して慢性化してしまう事があります。
自分の生活を見直し、患部を清潔に保つようにしましょう。



カンジダメニュー

トップに戻る