カンジダの薬

カンジダの薬ってどんなのがあるの?

カンジダ菌を殺菌する抗真菌薬です。

カンジダの薬は、カンジダの原因となる『真菌』と呼ばれる植物性の生物に対して有効な『抗真菌薬』と呼ばれるものになります。
抗真菌薬とは、真菌の増殖を阻害・殺菌する事により治療効果を得る事のできるお薬の事を指します。
真菌と細菌は違うので、細菌に対して効果の高い抗生物質は真菌には効きません。

カンジダは身体の中にもともと住んでいる『カンジダ菌』と呼ばれる真菌の異常繁殖によって引き起こされる病気です。
性病と勘違いされがちですが、性行為のような感染経路がなくても、免疫力の低下などを引き金にカンジダは発症します。
カンジダの再発を繰り返しているようであれば、抗真菌薬の常備がおススメです。

フォルカンはどんな薬?

飲み薬タイプのカンジダ治療薬です。

フォルカンはジェネリック医薬品な為、比較的安価で購入ができます。
カンジダの治療薬としての効果だけでなく、膣分泌液を増加させる効果もあります。
飲み薬なので、場所を選ばずいつでも服用できるというメリットがあるのと、塗り薬の不快感が苦手だという人におススメです。

フォルカンについて詳しくはこちら

カーネステンはどんな薬?

膣錠タイプとクリームタイプが使われています。

カーネステンの主成分は『クロトリマゾール』という成分で、効き目が高い事からとてもポピュラーに使われているお薬です。
カンジダの治療においては、膣に直接挿入する膣錠のタイプの『カーネステン膣錠』とクリームタイプの『カーネステンクリーム』があります。
膣錠とクリームは併用して使う事で、さらに高い治療効果を発揮します。

カーネステンについて詳しくはこちら

フロリードDクリームはどんな薬?

細菌に対しての効果も併せ持つお薬です。

フロリードDクリームはカンジダ菌に対する殺菌効果だけでなく、細菌に対しても抗菌作用のあるお薬です。
カンジダの治療と平行して、細菌による二次感染も防ぐことができます。
主成分は『ミコナゾール硝酸塩』でカーネンテスクリーム同様のイミダゾール系に分類されるお薬です。

フロリードDクリームについて詳しくはこちら

ニゾラールはどんな薬?

効果の持続時間が長いお薬です。

ニゾラールの主成分は『ケトコナゾール』という成分です。
カンジダ治療や水虫治療だけでなく、薄毛治療に対しても用いられる事があることから、シャンプータイプの薬も存在します。
ニゾラールの特徴は効果の持続時間が長い事です。
他のクリームタイプの薬よりも少ない塗布回数で効果を発揮します。

ニゾラールについて詳しくはこちら



カンジダメニュー

トップに戻る