カーネステン

カーネステンとは?

カンジダ治療のポピュラーなお薬です。

カーネステンは、カンジダに対して有効な薬です。エンぺシドとも呼ばれます。

カンジダ治療薬として使われているものには、膣錠タイプとクリームタイプのものがあります。
カンジダ治療では、一般的に膣錠とクリームなどの外用薬を併用して治療する事が多いので、カーネステンをセットで揃えておくと心強いです。
有名で実績の高い製薬会社であるバイエル社が製造・販売しており、カンジダ治療薬として医療の現場で多く用いられるポピュラーな薬です。
イミダゾール系という分類に属する主成分の『クロトリマゾール』は効果が高い上に体に優しい成分です。

カーネステンの効果

真菌の増殖を阻害し死滅させます。

カンジダが発症してすぐにカーネステンクリームを使う事で、個人差はあるものの3日~1週間ほどで治すことができます。
ただし、症状が悪化してしまっている場合には2~3週間ほど要することもあります。

カーネステンは『抗真菌薬』と呼ばれる薬で、カンジダの原因となる真菌の増殖の抑制・殺菌の効果があります。
真菌は細胞膜成分であるエルゴステロールを生合成する事によって増殖します。
カーネステンにはこの生合成の過程を阻害する効果があり、細胞膜が上手く作れなくなった真菌を死滅させる事ができます。

カーネステンの使い方

膣錠とクリームそれぞれの使い方を解説します。

カーネステン膣錠もカーネステンクリームもそれぞれ用法用量を守り、正しく使いましょう。

カーネステン膣錠の使い方

カーネステン膣錠の使い方は2通りあります。
1回1錠を6日間続ける方法と、1回2錠を3日間続ける方法です。
どちらでも十分に治療効果を発揮しますので、ここはやりやすい方を選びましょう。

使う際には手と患部を清潔にして、出来るだけ奥まで挿入してください。
使用するタイミングは就寝前とされており、薬液が垂れてくる事もあります。
無色のため下着を汚すことはありませんが、おりものシートを着けたり、タオルを下に敷いたりして眠るようにするといいでしょう。

カーネステンクリームの使い方

カーネステンクリームはクリームタイプの外用薬になるので、使い方は患部に塗るだけカンタンです。
塗る前に必ず患部を清潔にしてから、1日2~3回、5~6時間おきくらいに患部に適量塗布してください。

そんなにたっぷり塗る必要はなく、患部全体に薄く広がる程度で大丈夫です。
カーネステンクリームは必ず完全に症状が治まるまで使い続けて下さい。

カーネステンの副作用

副作用はそこまで気にしなくても大丈夫です。

カーネステンは、比較的副作用の少ない安全性の高い薬です。
よって過度に心配する必要はありませんが、現れる可能性のある副作用としては以下が挙げられます。

カーネステンの通販

カンジダ治療のコストを抑える事ができます。

カーネステンは基本的には病院で処方されるお薬ですが、通販で購入する事もできます。
病院で処方してもらう場合では、薬代以外にも診察代や処方代がかかってしまいますが、通販の利用ではそれがかからない分、安く購入する事ができます。

また、カンジダの薬は市販でも売られていますが、クリームの場合は内容量が少なくカンジダが完治するまで使うとなると何本か必要になる事もあり、お金がかかってしまいます。

当サイトでは大手の製薬会社とのみ提携しており、カーネステンの正規品を安心・安全にお届け致します。
まとめ買いを利用すれば、さらにお得にカーネステンをご購入頂けますのでおススメです。



カンジダメニュー

トップに戻る