ニゾラール

ニゾラールのカンジダへの効果

塗るだけ簡単!2週間ほどでカンジダを治す事ができます。

ニゾラールはカンジダに対して有効な抗真菌薬です。
カンジダ症の病原菌となるカンジダ菌を殺菌する効果があり、ニゾラールを使用し始めてから約2週間ほどでカンジダ症を治す事ができます。
ニゾラールにはクリームタイプ、ローションタイプ、シャンプータイプ、錠剤タイプと4種類存在しますが、カンジダ症の治療にはクリームタイプが使われる事が多いでしょう。

どうしてニゾラールがカンジダに対して有効なの?

カンジダ症は、真菌(カビ)の一種である"カンジダ菌"を病原菌として発症する病気です。

人間もカンジダ菌も、細胞膜に囲まれた細胞によって、身体が作られている生物です。
ニゾラールは、人間とカンジダ菌の細胞膜の違いを利用して、カンジダ菌の"細胞膜"だけを破壊する効果があるお薬なのです。

人間の細胞膜は主に『コレステロール』で構成されています。
一方、カンジダ菌に限らず、真菌の細胞膜は主に『エルゴステロール』と呼ばれる物質で構成されています。
ニゾラールには、このエルゴステロールが作られるのを阻害する作用があり、人間の細胞膜には何の影響を与える事もなく、カンジダ菌の細胞膜だけを破壊する事ができるのです。

カンジダ治療の際のニゾラールの使い方

ニゾラールは持続時間の長いお薬です。

ニゾラールクリームをカンジダに使用する際には、1日1回の塗布を基本として、完全に症状が消えるまで2~3週間ほど塗り続けて下さい。
ニゾラールクリームは効果の持続時間が長い為、他の薬が1日2~3回塗らなくてはならない物が多いのに対し、1日1回の塗布で済むという点はメリットです。
塗る際には、患部を清潔にしてから、ニゾラールクリームを適量を指にとり、カンジダ症の出ている患部全体を覆うようにしっかりと塗り込みましょう。
身体が温まって皮膚が柔らかくなるお風呂上りに塗る事で、ニゾラールの成分が浸透しやすく、より効果を発揮します。

ニゾラールの副作用

ニゾラールは用法、用量を守って肌に使えば、副作用が起きることはほとんどありません。

そもそもカンジダに使うのは外用薬である為に、皮膚から体内に吸収される成分量が低い為、身体全体に影響を及ぼすような重篤な副作用が現れる事はまずありません。
とは言え、医薬品に分類されるものである以上、多少の副作用が現れる可能性がある事も頭に入れておく必要があります。
あくまで軽度なものになりますが、ニゾラールの副作用として以下が挙げられます。

ニゾラールの通販

通販でニゾラールを購入すれば、自宅でカンジダ治療を行えます。

ニゾラールはカンジダ治療の際に病院で処方される処方薬である為、市販はされていません。
ですが、通販を利用すれば病院に通院しなくても自宅で購入ができます。

病院で処方してもらうとなると、診察代や処方代などでお金がかかってしまいますが、通販を利用すればそれらのコストを全てカットする事ができます。

当サイトでは、病院に行く時間が無い人やカンジダの治療費を抑えたいという人でも、安心してニゾラールの通販購入をして頂けます。



カンジダメニュー

トップに戻る