クラミジア

クラミジアってどんな病気?

クラミジアは日本で最も多い性病のひとつです。

「性器になんだか違和感がある」
「性交時や排尿時に痛みを感じる」
「おりものの量が増えた」

これらの症状に一つでも当てはまるものがあれば、それは『クラミジア』に感染しているかもしれません。
クラミジアは、日本で最も感染者数の多い性病(性感染症)として知られており、その感染者数は約100万人にも上ると言われています。

クラミジアの原因菌となるのは『クラミジア・トラコマチス』と呼ばれる"細菌"です。
この細菌に感染する事によってクラミジアを発症し、また細菌を死滅させる事によってクラミジアを治療する事が出来ます。

クラミジアは、感染するとその独自の症状だけでなく、HIVなど他の種類の性病への感染のリスクを高める危険性もあります。
正しい知識を身に付けて、クラミジアの対策をしましょう。

クラミジアの症状

クラミジアは症状が現れない事があります。

クラミジアは感染していても、症状がほとんど現れず、感染に気付かない事がよくある病気です。
感染に気付かないでいると、後々大変な症状を招くことになります。
少しでもクラミジアの症状が見られるようなら注意が必要です。

クラミジアの症状について詳しくはこちら

クラミジアの感染経路

感染経路のほとんどは性行為です。

クラミジアは感染者と直接的に接触する事によって感染する病気であり、その感染経路のほとんどは性行為です。
ですが中には、性行為による感染に心当たりが無いという人もいます。
その場合に考えられる感染経路とは…?

クラミジアの感染経路について詳しくはこちら

クラミジアの薬

クラミジアの治療では抗生物質が使われています。

クラミジアは細菌感染症なので、治療薬としては抗生物質が有効です。
抗生物質にも色々種類があり、病院で処方されるパターンも様々です。
大切なのは、自分のクラミジアの症状に合った薬を使う事です。

クラミジアの薬について詳しくはこちら

クラミジアの検査

クラミジアの検査は自宅でも行えます。

クラミジアは症状がハッキリと現れない事が多く、検査をしないと感染に気付けない事の多い性病です。
検査を受けられる場所や検査方法、所要時間を事前に知っておきましょう。
また、自宅で検査をする方法もあります。

クラミジアの検査について詳しくはこちら

クラミジアの妊娠への影響

クラミジアが妊娠に大きな影響を及ぼす事もあります。

クラミジアが妊婦に与える影響は、妊娠の時期により異なります。
場合によっては母子共に危険に晒される場合も考えられます。
クラミジアと妊娠の関係を深く知っておきましょう。

クラミジアの妊娠への影響について詳しくはこちら



クラミジアメニュー

トップに戻る