クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路に心当たりが無い場合は?

クラミジアの感染経路として、空気感染や間接キスなどはありえません。

クラミジアは性行為によってのみ感染する、紛れもない性病(性感染症)です。

クラミジアの原因菌となる細菌は空気中では生存できません。
感染経路として、性行為による粘膜同士の接触以外は殆ど考えられず、感染者がどれだけ近くに居ても、空気感染する事はありません。

性行為を行った場合の感染率は、50%以上と非常に高く、現在日本では"もっとも感染者の多い性病"として知られています。
クラミジアの感染者との性行為なんて心当たりが無いのに、感染してしまった場合にはアナタの気づかない感染経路が存在している可能性があります。

見逃しがち!予想外な感染経路

実は、何でもない顔をしているパートナーが感染経路だったという事も…。

性行為以外では感染する事の無いクラミジアですが、中には「感染経路に心当たりがない」という人もいます。
ですが、クラミジアはやはり性行為以外で感染する可能性は極めて低い性病です。
覚えておかなくてはいけないのは、どんな相手であれ性行為に及んだのであれば、感染経路になり得るという事です。
見落としがちなクラミジアの感染経路を紹介します。

ディープキスからの感染

感染経路になる可能性のある性行為としては、性器同士の接触以外にも、オーラルセックスやディープキスなどが挙げられます。

クラミジアは喉にも感染し、咽頭クラミジアとして発症する事もある性病です。
性風俗には行ったが、本番行為は行っていないという人は、咽頭クラミジアに感染している風俗嬢とのオーラルセックスやディープキスが感染経路になっている可能性があります。

症状が現れるまでの潜伏期間

クラミジアが発症したけど、ここ2、3日は、性行為などの感染経路が無いという人は、クラミジアには潜伏期間がある事を覚えておきましょう。
クラミジアは感染してから、症状が現れるまでに1~3週間ほどの潜伏期間があるのです。

つまり、感染経路になった相手としては、2、3日以内に性行為をした相手よりも、1~3週間前に性行為をした相手の方が可能性が高いのです。

パートナーが実は感染している。

恋人や夫婦間でしか性行為をしていないのに、クラミジアに感染したのであれば、まず間違いなくそのパートナーが感染経路であると思ってください。

クラミジアは感染しても、自覚症状が現れないことの多い性病です。
自分が感染経路になっている事に気づかずに、何でもない顔をしていても、パートナーにクラミジアを感染させてしまっていたというのはよくある話です。

パートナーが過去に感染していた。

パートナーからクラミジアをうつされたと思って、二人で一緒に検査を受けてみたら、実際に陽性が出たのは自分だけだったというケースがあります。
この場合では、過去にクラミジアに感染している状態のパートナーにうつされた後に、パートナーだけ何らかの理由でクラミジアが完治していたという事が考えられます。

クラミジアは自然回復することはなく、完治するには抗生物質を服用する必要があります。
風邪薬として処方された抗生物質を服用した事によって、たまたまクラミジアが治ったというケースもありえなくはないのです。

ほとんどの感染経路は性行為なだけにパートナーに浮気を疑われることも

感染経路を悟られない為に、自分でこっそり治しましょう。

もしアナタが浮気をしてクラミジアをうつされてしまったのであれば、感染経路として性行為以外はありえないわけですから、浮気が疑われる事になります。
仮にそうでなくても、パートナー間に気まずいわだかまりが生まれる事態になりかねません。

自分が感染経路にならない為にも、極力素早くかつ秘密裏にクラミジアの治療を行いたいと考える人がほとんどだと思います。
病院での治療になると、通院の時間がかかりますし、パートナーが結婚相手や一緒に住んでいる場合、健康保険の医療費通知などでバレる可能性が高いでしょう。

そこでおススメなのが、通販を利用して、検査キットと治療薬を手に入れる方法です。
当サイトでは、個人輸入代行サービスを行っており、医師の処方せんが無くても、処方薬と同じ物を個人で購入する事ができます。



クラミジアメニュー

トップに戻る