ミノマイシン

ミノマイシンとは?

クラミジアに有効な歴史の長い抗生物質です。

ミノマイシンはクラミジアやニキビの治療で用いられる、アメリカのファイザー社が開発した抗生物質です。
『ミノサイクリン塩酸塩』というテトラサイクリン系という分類に属する物質を主成分としています。

抗生物質として古くから頻繁に用いられている歴史の長い薬ですが、耐性菌の増加や副作用の問題、効果の高い新しい薬の出現によって、最近ではジスロマックの方が主に使われるようになりました。
それでも、ミノマイシンが属するテトラサイクリン系の薬でしか殺菌する事の出来ない細菌が現在でも存在する為、ミノマイシンは医療の現場において、今でも現役で運用されています。

ミノマイシンのクラミジアへの効果

クラミジアの病原菌を死滅させる効果があります。

ミノマイシンには2週間の服用で、クラミジアの病原菌となる細菌を死滅させる効果があります。

生き物にはタンパク質を合成する『リボゾーム』と呼ばれる器官があります。
細菌も人間と同様に"生き物"ですので、生きていく為にはタンパク質を作り出す事は必要不可欠であり、リボゾームを持っています。
ミノマイシンのような『タンパク質合成阻害薬』と呼ばれる抗生物質には、そのリボゾームの働きを阻害して細菌の細胞を破壊する効果があるのです。

人間と細菌では、リボゾームの構造が違う為、ミノマイシンを飲む事によって人間のリボゾームが影響を受ける事はありません。

ミノマイシンの属するテトラサイクリン系の抗生物質は、セフェム系やペニシリン系の抗生物質では効果の無いクラミジアのような性病(性感染症)にも有効で、その中でもミノマイシンは特に高い殺菌効果があると言われています。

クラミジア治療の際のミノマイシンの飲み方

一錠の配合量に気を付けてください。

ミノマイシンは錠剤タイプやカプセルタイプ、ドライシロップタイプのお薬があります。
また、錠剤とカプセルは成分の配合量が50mgのものや100mgのものなど、種類があります。

クラミジアの治療に際しては、1日に200mgミノマイシンを服用するようにしてください。
つまり、50mg配合のものであれば1日4錠、100mg配合であれば1日2錠と、このように調整してください。
服用期間は14日間になります。

ミノマイシンの副作用

特にめまいや胃の不調が起きやすい薬です。

ミノマイシンの副作用として以下が挙げられます。

ミノマイシンは決して副作用が出やすい薬ではありませんが、他のクラミジア治療で使われる抗生物質と比べると、若干副作用が強いという特徴があります。

副作用の中でも特に多いのが、めまいや腹痛・下痢です。
めまいはミノマイシンを1~2週間と長期間飲み続ける事によって起きやすくなります。
腹痛などの消化器官への影響はミノマイシンがクラミジアの細菌だけでなく、胃腸の中にいる善玉菌までも殺菌してしまう事により起きます。

また、服用者が高齢である場合、長期間服用する事で、皮膚や爪にくすんだ色素沈着が見られることがあります。
重度な副作用はほとんど見られませんが、現れる可能性のある重度な副作用として、アンフィラキシーショックなどがあります。

ミノマイシンの通販とジェネリック

格安でクラミジアの治療を行う事ができます。

ミノマイシンは個人輸入代行サービスを行っている業者を利用すれば通販で購入する事が出来ます。
通常は処方薬になるので、病院に行って検査、診察の後に処方箋を貰って薬局で購入になりますが、通販を利用すればその手間が一切かかりません。
その分時間やお金を節約できるので、大変リーズナブルにクラミジアの治療を行う事ができます。

また、さらに費用を節約したい人にはミノマイシンのジェネリックの利用がおススメです。
同じ成分同じ効果なので、安価でクラミジアの治療が行えます。
特に風俗関係の仕事をしていたりと、クラミジアを頻発する可能性の高い人はミノマイシンを常備しておく事で、素早い治療が行えます。



クラミジアメニュー

トップに戻る