ビブラマイシン

ビブラマイシンとは?

クラミジアの原因菌を殺菌する抗生物質です。

ビブラマイシンはクラミジアに限らず多くの細菌による感染症に対して、高い治療効果のあるお薬です。

テトラサイクリン系という分類に所属する『塩酸ドキシサイクリン』を主成分とする錠剤タイプの抗生物質で、同じ分類に位置し近い効能を持つ抗生物質として『ミノマイシン(ミノサイクリン塩酸塩)』があります。
ミノマイシンよりもビブラマイシンの方が副作用のめまいが少なく、使いやすいというメリットがあります。
医療の現場では、クラミジアやカンジダなどの性病(性感染症)の治療から、ニキビ、肺炎の治療に至るまで、非常に幅広くビブラマイシンが用いられています。

ビブラマイシンを安く購入する方法

ビブラマイシンは通販とジェネリックを利用するのがおススメ。

ビブラマイシンはクラミジアの治療で病院で処方される薬ですが、通販を利用すれば、通院せずに自宅で購入する事もできます。
通院が不要になる事で、診察代、検査代、交通費など、クラミジアの治療の経費を大幅に節約する事が出来ます。

さらに節約したいという人には、ジェネリックの利用がおススメです。
ジェネリックとは、ビブラマイシンの特許が切れてから、別の製薬会社が同じ成分で製造・販売している薬の事です。
同じ成分なので、同様の効果が期待でき、開発費がかけられていない分、安く販売されています。

つまり、ビブラマイシを一番安く購入する方法は、ビブラマイシンのジェネリックを通販で購入するという方法です。

ビブラマイシンの効果

約1~2週間程でクラミジアを完治させる効果があります。

ビブラマイシンにはクラミジアの病原菌となる細菌のタンパク合成を阻害する効果があります。
そうすると細菌は一切増殖が出来なくなり、最後には死滅してしまうのです。

この強い殺菌作用により、ビブラマイシンの服用を開始してから、約1~2週間程でクラミジアを完治させる効果があります。
あくまで細菌感染に対してのみ高い効果を発揮するお薬であり、真菌やウイルス性の病気には効果がありません。

クラミジア治療の際のビブラマイシンの飲み方

初日とそれ以降で飲み方が変わります。

ビブラマイシンの飲み方は初日とそれ以降とでは違います。

まず初日は1回2錠(100mg×2)を1日1回、もしくは1回1錠(100mg)を1日2回に分けて飲みます。
2日目以降では、1回1錠(100mg)を1日1回飲みます。
服用期間は1~2週間程でクラミジアを完治させる事ができます。

ビブラマイシンは一度でも飲み忘れてしまうと、クラミジアの細菌が耐性を持ってしまう為、効果が無くなってしまいます。
同じくクラミジアの治療で使われる『ジスロマック』と比べると服用期間が長くなる為、飲み忘れないように特に注意することが必要です。

ビブラマイシンの副作用

胃腸への負担が大きいお薬です。

ビブラマイシンの副作用として多いのが、胃の不快感や吐き気、下痢の症状です。
ビブラマイシンは細菌を死滅させる為に、多くの成分を長期間にわたって服用する必要があり胃への負担が大きくなってしまうのです。

その他にも、ごくまれではありますが、重い副作用を発症する事もあります。
発症する可能性のある重い副作用として、以下が挙げられます。

これらの疑いがある場合にはすぐに薬の服用を中止して、医師に相談するようにして下さい。



クラミジアメニュー

トップに戻る