ジスロマックのジェネリック

ジスロマックはジェネリックがおススメ

ジェネリックてなに?安心?

ジェネリックとは、先発医薬品(新薬)であるジスロマックが開発されて、ある程度の期間が経ってのち、特許が切れてから販売された後発医薬品の事です。
ジスロマックと中身はほとんど同じなのですが、開発にお金がかかっていない分、低価格で購入ができます。

ジスロマックもそのジェネリックも同じ『アジスロマイン』を主成分としており、同様の効果と安全性で使う事ができます。

ジェネリックに対して「偽物のような気がしてイマイチ安心できない」というような感覚を持っている人が、いまだに日本では多い傾向にある気がします。
先述した通り、中身は同じなのです。偏見は捨てて正しい知識を持って治療と向き合いましょう。

ジスロマックのジェネリック『アジー』

ジスロマックのジェネリック医薬品として、『アジー』というお薬があります。

アジーの効果

アジーはジスロマック同様にアジスロマインを主成分とした抗生物質で、クラミジアや淋病などの性病に限らず、細菌感染を原因とする幅広い病気に対して有効です。
ジェネリックだから、ジスロマックよりも効果が劣るという事はなく、確実に細菌を死滅させる事のできる強い効果を持っています。
アジーが有効な病気としては以下が挙げられます。

アジーの価格

アジーは通販で気軽に購入する事ができます。
ジスロマックの通販価格が1箱あたり2,500円ほどなのに対し、ジェネリックであるアジーのは1箱あたりのが2,000円ほどになります。
つまり、ジェネリックであるアジー選べば、ジスロマックを購入するよりも、大体500円くらい節約する事が出来ます。

アジーを購入する

アジーの飲み方

アジーは1錠中に、主成分であるアジスロマイシンの含まれている量が250mgのもの、500mgのもの、1000mgのもの、と3タイプあります。

タイプにより飲む量が異なりますが、クラミジアの治療において大事なのはアジスロマイシンを1000mg摂取する事です。
つまり250mg配合のものであれば一度に4錠、500mg配合のものであれば一度に2錠、1000mg配合のものであれば一度に1錠服用すればいいのです。
クラミジアはアジーを一回服用するだけで治療は終わりですので、とっても簡単です。

アジーの副作用

ジスロマックは副作用の少ないお薬です。
それはジェネリックであるアジーも同様で、特に注意が必要な強い副作用は存在しません。
出る可能性のある症状としては、下痢・腹痛・胃痛などがあります。
消化器官に副作用が起こりやすい事の関係で、服用するタイミングは食後や食前は避けて、空腹時にしましょう。



クラミジアメニュー

トップに戻る