ジスロマックの飲み方

クラミジア治療の際のジスロマックの飲み方

飲み方は簡単!ジスロマックを1回(1000mg)服用するだけで、クラミジアの治療は終わり!

クラミジアの治療の際のジスロマックの飲み方として大切なのは、1000mgのジスロマックを服用する事だけです。
ただし、錠剤タイプのジスロマックには1錠に配合されている成分の量が250mg、500mg、1000mgとそれぞれ3種類あります。
注意が必要なのは、それにより一度に飲む錠剤の数を変えるなど、飲み方を調整する必要があるという事です。

つまり1錠の配合量が250mgのものであれば1日4錠、500mgのものであれば1日2錠、1000mgのものであれば1日1錠、という具合に飲み方を変えましょう。
1000mgのジスロマックであれば、クラミジアの治療においては、1錠服用するだけで終了ですので、飲み方が最も簡単なお薬といっても過言ではありません。

その他、ジスロマックの飲み方の注意点として以下が挙げられます。

胃の弱い人は飲み方を変えましょう

ジスロマックは薬の性質上、下痢や胃の収縮を起こしやすい為、胃腸など消化器系の弱い人は飲み方を変える必要があります。
1000mg配合のジスロマックは避けて、500mgか250mg配合のものを選びましょう。
少しでも胃への刺激を避ける為に、1日500mgを3日間続けて服用するという飲み方をしましょう。

空腹時に飲みましょう

一般的なお薬は食後すぐに服用する事で吸収効率が高まる場合が多いですが、ジスロマックは胃への負担を考えて、胃に物が入っていない空腹時に服用するのが正しい飲み方です。
食事の前後2時間以上は間隔を空けて飲むようにしましょう。

アルコールは避けましょう

ジスロマックははアルコールと併用する事で副作用がでる事があるので、服用中や服用の前後はアルコールを控えましょう。

中途半端な服用はやめましょう

たとえクラミジアの症状が軽いものであったとしても、自己判断で薬の量を減らすといった飲み方は絶対にNGです。
クラミジアの細菌を死滅させる為には、ジスロマックの成分を一気に身体に取り込む必要があります。
中途半端にジスロマックを服用して、細菌の死滅に失敗すると、細菌がジスロマックに対して耐性を持ってしまい、薬が一切効かなくなってしまうのです。

ジスロマックは飲み方が簡単なので、個人で購入して自分で使う事も可能です。

ジスロマックは飲み方が簡単な事から、個人で購入して自己判断で使っている人も多くいます。
実際にクラミジアの発症を感じたらジスロマック1000mgを一度服用するだけと、飲み方が簡単な上に副作用も少ない薬なので、個人でも安全に使う事ができます。

当サイトでは、個人輸入代行サービスを行っており、ジスロマックを個人で購入して頂けます。
病院に行く手間を省ける上、検査代や診察代を節約できるというメリットがあります。

特にクラミジアを何回も繰り返しているようであれば、先に購入して常備しておき、クラミジアが発症したらすぐに飲むようにするのも有効な手段です。



クラミジアメニュー

トップに戻る