クラミジアの症状

クラミジアの症状

クラミジアは自覚症状の少ない病気です。

クラミジアは、感染初期に『自覚症状』が現れる事が少なく、感染しているのに症状が全くない症例が全体の約80%を占めると言われています。
たとえ症状が出ていなくても、クラミジアに感染している事には変わりなく、男性は約半数の人が、女性の5人に4人が、感染しているのに気づかないうちに性交を重ねて性病を広げてしまうのです。

性病として広く知られているクラミジアですが、感染するのは性器だけでなく喉に感染する事もあります。
クラミジアのうち、性器に症状が現れるものを『性器クラミジア』喉の周辺に症状が現れるものを『咽頭クラミジア』と呼びます。

性器クラミジアの症状

男女別・性器クラミジアの症状

性器クラミジアの症状は男性と女性で違いがあります。
男性の場合は、主に尿道炎として症状が見られる事が多く、自覚症状として性器の違和感から始まる事が多いでしょう。
女性の場合は、おりものの異常や下腹部の違和感などが自覚症状として見られます。

男性の症状について詳しくはこちら

女性の症状について詳しくはこちら

咽頭クラミジアの症状

咽頭クラミジアの症状は風邪の初期症状と似ています。

オーラルセックスなどで、喉にクラミジアが感染する事で、咽頭クラミジアを発症する事があります。
咽頭クラミジアに感染した場合の症状として以下が挙げられます。

咽頭クラミジアの症状は、風邪の初期症状と似ている事が特徴として挙げられます。
素人は勿論の事、医者といえども症状だけでは判断ができず、病院で診察を受けても風邪と診断されてしまう事すらあります。
咽頭クラミジアは専用の検査器具を用いなくては、分からないのです。

クラミジアへの感染に心当たりがある場合は、医師に自己申告して検査してもらうようにしましょう。

クラミジアの症状があらわれた時の対処法は?

通販を利用すれば、薬と検査キットが手軽に手に入ります。

クラミジアは自覚症状が少ない為に、感染が分かりにくい病気です。
病院で検査を受ければすぐにわかりますが、病院に行く時間が無かったり、恥ずかしかったりなど、なかなか気が進まないものです。
そこでおススメなのが、通販の利用です。

当サイトでは、自宅でも病院と同じ精度で行えるクラミジアの検査キットを手軽に購入する事ができます。
少しでもクラミジアの症状を感じたら、感染を広げない為にも、早めの検査を心がけましょう。

また、当サイトでは、病院で使われる処方薬を購入する事もできます。
症状を感じたらすぐに病院に行くのが適切ではありますが、どうしても都合が悪いという人は薬を個人で購入して、自宅でクラミジアの治療を行う事も可能です。



クラミジアメニュー

トップに戻る