尖圭コンジローマの再発

尖圭コンジローマは再発の多い性病です。

4人に1人の割合で再発が見られます。

尖圭コンジローマの厄介な所は、その再発率の高さです。
治療を行って、尖圭コンジローマのイボを切除したとしても、25パーセント、つまり4人に1人が3カ月以内に再発をすると言われています。

また、尖圭コンジローマの症状が悪化して、イボの数が多く範囲も広かった人であるほど再発しやすい傾向にある為、注意が必要です。
尖圭コンジローマの治療においては、イボが消失してのち半年間に再発が見られなかった場合に完治が認められます。

なぜ尖圭コンジローマは再発してしまうのか?

尖圭コンジローマは『ヒトパピローマウイルス』というウイルスに感染する事によって発症する性病です。
現在の治療では、尖圭コンジローマの症状として発生するイボを解消する事ができても、原因ウイルスまで完全に消滅させる事ができないのです。
こうして潜伏していたウイルスが、再び活動を始める事で尖圭コンジローマが再発してしまうのです。

尖圭コンジローマの再発を防ぐには?

再発防止には免疫力を下げない事が大切

尖圭コンジローマの再発の一番の原因となるのが免疫力の低下です。
免疫力とは、もともと人体に備わっている、病原菌などから自己を守る防衛機能の事です。

そもそも、性交歴を持つ女性の60~80%は一生のうちに一度は感染すると言われているほど、尖圭コンジローマのウイルスは身近な存在なのです。
しかし、感染したからと言って、必ず尖圭コンジローマを発症するわけではなく、むしろそのうちのほとんどが何も無いまま終わります。
それは自己免疫力によって、ウイルスが抑えられている為であり、尖圭コンジローマを発症した人は何らかの要因で免疫力が低下していた可能性があります。

免疫力は睡眠不足やストレス、生活リズムの乱れによって、簡単に低下してしまいます。
尖圭コンジローマの再発を抑える為にも、健康的な暮らしを心がけましょう。

薬物療法には再発防止効果があります。

尖圭コンジローマの治療は、手術によるイボの切除か、薬物療法による塗り薬での治療かのどちらかになります。
どちらを選ぶかは、症状の程度などによって変わりますが、再発率が低いのは薬物療法になります。
手術では本当にイボを切除するだけの治療なのですが、薬物療法では治療の過程で、患部の免疫力を高める効果が得られるのです。
患部の免疫が高められる事で、ウイルスが再発しにくい環境になります。
薬物療法で使われているベセルナクリームは通販で手軽に購入する事も可能ですので、再発に備えて常備しておくと安心です。



尖圭コンジローマメニュー

トップに戻る