ヘルペス

ヘルペスってどんな病気?

ヘルペスのウイルスには多くの種類があります。

「唇のあたりがムズムズする…」
「体に帯状の発疹が出てきた」
「体調が悪くなる度に性器に水ぶくれができる」

これらの症状が見られるのであれば、もしかしたらヘルペスを発症しているのかもしれません。

ヘルペス

ヘルペスとは、ヘルペスウイルスに感染される事で発症する感染症です。
一概にヘルペスウイルスと言っても、世界には約160もの種類が存在すると言われています。
そのうち人間に感染するものは8種類で、感染する確率が高く、一般的にヘルペスとして認知される症状を引き起こすのは以下の3つです。

ヘルペスは性病として、認知されている事が多いですが、感染の原因が性行為であるとは限りません。
それぞれの症状により、感染経路は事なります。

口唇ヘルペス

口元がチクチク・ムズムズ…これって口唇ヘルペス?

口唇ヘルペスは、口元に単純ヘルペス1型が感染する事によって引き起こされる感染症です。
主に感染者との接触によって感染が引き起こされます。
口唇ヘルペスの症状としては口元に以下の症状が見られます。

これらの症状が見られる場合には、口唇ヘルペスに感染している可能性があります。

口唇ヘルペスについて詳しくはこちら

性器ヘルペス

性器ヘルペスは何度も何度も再発します。

性器ヘルペスは、性器に単純ヘルペス2型が感染する事によって発症する感染症です。
主に感染者との性行為によって感染する事が多い事から性病の一つとして広く認知されています。
性器ヘルペスの症状としては性器に以下の症状が見られます。

これらの症状が見られる場合には、性器ヘルペスに感染している可能性があります。
また、性器ヘルペスは再発の回数がとても多い病気です。
再発に備えた対策が必要になります。

性器ヘルペスについて詳しくはこちら

帯状疱疹とヘルペスの違い

帯状疱疹とヘルペスでは症状や再発頻度に大きな差があります。

帯状疱疹もヘルペスウイルスの一種である、水痘・帯状疱疹ウイルスにより引き起こされます。
帯状疱疹もヘルペスも皮膚の表面にかゆみや水ぶくれを伴う病気ですが、症状の現れ方にも外見にも大きな違いがあります。

ヘルペスと帯状疱疹の違いについて詳しくはこちら

ヘルペスの薬

抗ウイルス薬は早めに服用する事で症状を抑える事が出来ます。

ヘルペスの治療は抗ウイルス薬を使って行われます。
抗ウイルス薬によって、ヘルペスウイルスの増殖を阻害する事によって、症状を最小限に抑え、早期に回復する事ができます。
ただし、あくまでウイルスの増殖を抑える為だけのものであり、ヘルペスを完治させる効果はありません。

病院で処方される可能性の高い薬として、主に以下の3つが挙げられます。

いずれも似た効果を持つ抗ウイルス薬ですが、吸収効率が違ったり、薬価が違ったりと、それぞれにメリット・デメリットがあります。
また、口唇ヘルペスに限り市販薬が販売されています。

ヘルペスの薬について詳しくはこちら



ヘルペスメニュー

トップに戻る