性器ヘルペス

性器ヘルペスとは?原因は?

性器ヘルペスはなぜ起きるの?

性器ヘルペスとは、主に性行為によって性器やお尻周辺に感染する性感染症(性病)の一つです。

病原菌は単純『ヘルペスウイルス2型(HSV-2)』と呼ばれるウイルスです。
この単純ヘルペスウイルス"2型"は、主に口唇ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルス"1型"(HSV-1)と比べて、再発率が高く下半身に感染しやすいという特徴を持ちます。(1型は上半身)

一度感染すると完治ができない病気であり、生涯に渡って再発を繰り返します。

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスの症状に注意!

「性器に違和感を感じる…。もしかしてこれって性器ヘルペスの症状なのかな?」

性器ヘルペスを初めて発症したという人は、自分が性器ヘルペスに感染しているのか分からずにとまどう事だと思います。
少しでも性器ヘルペスの症状に心当たりがある場合はすぐに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

性器ヘルペスの症状について詳しくはこちら

性器ヘルペスの感染

無自覚の感染者が性器ヘルペスへの感染を広げています。

性器ヘルペスの感染経路のほとんどは、性行為によるものです。

性器ヘルペスのウイルスはとても感染力が高く、感染者との性器同士の直接的な接触に限らず、オーラルセックスやコンドームを着けていたとしても感染する事もあります。
また、近年では性器ヘルペスへの感染者が増加しているとの情報もあります…。

性器ヘルペスの感染について詳しくはこちら

性器ヘルペスの再発

死ぬまで再発と向き合っていく事になります。

性器ヘルペスのウイルスは現代の医学では、完全に消滅させる事ができません。
なので、一度発症すると死ぬまで再発と向き合わなくてはなりません。
現在、薬を使った『再発抑制療法』が多く行われています。

性器ヘルペスの再発について詳しくはこちら

性器ヘルペスと妊娠

タイミングによっては帝王切開になることがあります。

妊娠中に性器ヘルペスを発症したからといって、胎児に性器ヘルペスが遺伝したり、奇形児が生まれるリスクが上がるという事はありません。
ただし、性器ヘルペスを発症するタイミングによっては胎児に感染させてしまう事もあります。
一番危険なタイミングを知っておくようにしましょう。

性器ヘルペスと妊娠への影響について詳しくはこちら

性器ヘルペスの治し方

抗ウイルス薬をできるだけ早く服用する事が大事!

性器ヘルペスの治し方は、抗ウイルス薬を使ってウイルスの増殖を抑えるというものです。
とは言え、性器ヘルペスは一度発症すると、ウイルスが神経に潜伏し続けるので、完治する事はできません。
あくまで、再発の症状を抑える為の治療になります。

性器ヘルペスの治し方について詳しくはこちら



ヘルペスメニュー

トップに戻る