性器ヘルペスの感染

性器ヘルペスのほとんどは性行為による感染です。

性交渉の若年化により、性器ヘルペスの感染者が増えています。

性器ヘルペスはウイルスに感染する事で発症する病気ですが、インフルエンザウイルスなどのように空気感染や飛沫感染をする事はほとんどありません。
その感染経路の多くは性行為によるものです。

性器ヘルペスに罹っている人との、性行為に際しての粘膜同士の接触により、いくら健康な人でも簡単に感染してしまうのです。

また、近年では性器ヘルペスの感染者が増加していると言われています。
その理由は、性交渉の若年化や性交渉相手の多数化、ピルの普及によるコンドームの使用率低下など様々な要因により性器同士のダイレクトな接触が増えた事による、感染経路の増加が考えられます。

たとえコンドームをしていたとしても、ウイルスがコンドーム装着部位以外に潜んでいれば、そこに接触する事で感染してしまう為、性器ヘルペスを完全に予防する事は不可能です。

また口唇へルぺスと性器ヘルペスのウイルスは、型は違えどほとんど同じである為、口唇ヘルペスの人とのオーラルセックスによって、性器ヘルペスが発症してまうというケースもあります。

えっ!?知らない間に性器ヘルペスのウイルスに感染している!?

性器ヘルペスの厄介なところはその感染に気づかない場合があるという点です。
と言うのも、原因菌となるウイルスに感染しても、かゆみや水ぶくれなどの性器ヘルペスの症状が現れない事があるのです。

実は性器ヘルペスのウイルスに感染している人の70%は、無症状であると言われています。
「症状が現れないなら別にいいや」と思うかもしれませんが、たとえ症状が現れていなくても性器の皮膚や粘膜にはウイルスが潜んでいる事もあり、立派な感染源になっている事には変わりはありません。

感染している事を自覚していない人が、気づかずに感染を広げている場合も多いのです。
無症状の場合は、あくまで感染者自身に何か症状を抑える要因があったというだけであり、それを何の免疫も無い他人に移してしまった場合には高確率で性器ヘルペスを発症します。

性行為以外にも感染経路となるものはあります。

感染者との日用品の共有は控えましょう。

性器ヘルペスの感染経路のほとんどは性行為によるものですが、まれに感染者との間接的な接触によりウイルスに感染してしまう事もあります。
性行為以外の感染経路としては以下が挙げられます。

自分、もしくは家族や恋人が性器ヘルペスを発症している場合には、タオルなど体に触れる日用品を共有する事は避けた方がいいでしょう。

ただし、性器ヘルペスのウイルスは熱や乾燥に弱い為、そこまで神経質になる必要はありません。
感染者が使用したものでも、ちゃんと洗って乾燥させたタオルであれば、使いまわしたとしても感染経路になることは、ほとんどありません

また、銭湯など公共のお風呂に置いてある椅子や洋式の公衆便所も感染者が座ったあとならば感染経路となる可能性があります。
感染を恐れて必要以上に神経質になる必要はありませんが、性器ヘルペスを発症しているのであれば、そういった公共の場では感染を広めない為の配慮をするようにしましょう。



ヘルペスメニュー

トップに戻る