性器ヘルペスの治し方

性器ヘルペスの治し方は、抗ウイルス薬を使ったものになります。

抗ウイルス薬には、内服薬や外用薬などがあります。

性器ヘルペスは病原菌であるヘルペスウイルスによって引き起こされます。
よって性器ヘルペスの治し方としては、そのウイルスを抑制する効果のある、抗ウイルス薬を使ったものになります。

抗ウイルス薬には外用薬や内服薬、点滴薬などタイプがあり、患者の症状の程度により使い分けます。

外用薬を使った治し方
外用薬を使う場合は症状が比較的軽度な場合です。性器ヘルペスを発症している患部が、それ以上広がる事を抑えることができます。
ただし、体内で増殖しているヘルペスウイルスを根本的に抑える効果は期待できないので、あくまで補助的な治し方になります。
特に性器ヘルペスに対しては、外用薬だけを使った治し方はおすすめできません。
内服薬を使った治し方
一般的に内服薬を使うのが、性器ヘルペスの治し方の基本になります。
体内で増殖を続けるヘルペスウイルスを抑える事ができます。
また再発を繰り返している人には、毎日内服薬を服用することで常にウイルスを抑制する事によって、性器ヘルペスを再発させないようにする治療法もあります。(再発抑制療法)
点滴薬を使った治し方
性器ヘルペスの症状が重く脳炎や髄膜炎を併発している場合や、エイズなど免疫不全の人は、入院して点滴による抗ウイルス薬の投与という方法をとる事もあります。

性器ヘルペスの治し方として、市販薬を使うのは間違いです。

上記の抗ウイルス薬は、日本では医師の処方を必要とする処方薬ですので、ドラッグストアなどで販売されている市販薬とは違います。
市販薬の軟膏などを自己判断で塗ったりすると、むしろ悪化する危険性もありますので治し方としてはNGなやり方です。

また、性器ヘルペスと同種のウイルスを病原菌として引き起こされる口唇ヘルペスに対しては、外用薬タイプの抗ウイルス薬が市販薬として売られるようになりました。
ですが、これはあくまで"口唇ヘルペス専用"のものであり、性器ヘルペスには効果が無い上に、中途半端に使う事でウイルスに薬が効きにくくなる『薬剤耐性』がつく場合があります。
つまり自己流の治し方をするのは、ウイルスをより厄介なものに成長させてしまう事もあるので気を付けましょう。

性器ヘルペスの治し方として、薬を常備しておくのも手です。

抗ウイルス薬は通販でも購入ができます。

性器ヘルペスは再発を繰り返す病気です。
年間に10回以上再発を繰り返す事も決して珍しくないので、あらかじめ抗ウイルス薬を常備しておくのがいいでしょう。

というのも性器ヘルペスの治し方として一番大事なのは、発症したら一刻も早く薬を服用する事だからです。
素早く薬を服用する事で、ウイルスの増殖を最小限に抑える事ができ、症状もその分だけ小規模で済みます。

先述した通り、抗ウイルス薬は基本的に処方薬になりますが、通販を利用すれば、処方箋をもらいにわざわざ病院に行かなくても購入ができます。
診察分のコストを抑えたい人や病院に行く時間の無い人は、通販を利用するのがおすすめです。



ヘルペスメニュー

トップに戻る