性器ヘルペスと妊娠

妊娠中の性器ヘルペスが胎児に与える影響は?

必ずしも胎児に影響を与えるという事はありません。

妊娠している女性が性器ヘルペスを発症した場合、一番気になるのはやはり胎児への影響だと思います。

妊娠中の性器ヘルペスが、必ずしも胎児に影響を与えるとは限りません。
母から子へ遺伝する事もありませんし、奇形児が生まれてくる心配もありません。

気を付けなくてはいけないのは、妊娠中の性器ヘルペスは、発症するタイミングによっては胎児に感染させてしまう危険性があるという事です。
無防備な胎児に性器ヘルペスのウイルスを感染させてしまった場合には命に関わる事もあります。

では胎児に感染させてしまうリスクの高いタイミングとはいつなのでしょうか?

胎児に感染させやすいタイミングは何週目から?

妊娠30週目を超えてからが危険です。

胎児への感染のリスクは、母体が妊娠のどの時期に性器ヘルペスを発症させたかが大きく関わっています。

妊娠前に性器ヘルペスを発症した場合
妊娠する以前に性器ヘルペスを発症して、妊娠中は症状が見られない状態であれば、特に問題はありません。
むしろ、既に母体の中にあるヘルペスに対する免疫が胎児にも引き継がれ、守ってくれるので性器ヘルペスのウイルスに感染するリスクは低いと言えます。
妊娠発覚から29週までに性器ヘルペスを発症した場合
妊娠29週までなら性器ヘルペスを発症しても、感染のリスクは低いと言われています。
まだ日にちがあるので、症状が現れたとしても出産までには収まるはずです。
妊娠30~40週までの間に性器ヘルペスを発症した場合
妊娠30を超えた妊娠後期に入ると、出産までにもう時間がありません。
そうすると性器ヘルペスを発症した状態で出産を迎える可能性が出てきます。
性器ヘルペスを発症した状態での分娩は非常に胎児への感染のリスクが高く、帝王切開などの処置が必要になります。

特に母体が性器ヘルペスのウイルスに初めて感染して、発症したという場合は、発熱を伴う重い症状が現れるので、母子共に危険な状態になります。
ではどのようにしてウイルスは、母から子へと感染するのでしょうか?

胎児に性器ヘルペスを感染させてしまうパターン

妊娠中も出産後も注意が必要です。

妊娠中に性器ヘルペスを発症している場合、胎児への感染経路として以下の3パターンが挙げられます。

1の胎内感染は性器ヘルペス母子感染の全体の5%ほどしかない稀なパターンですが、胎内でヘルペスウイルスに感染すると、胎児は髄膜炎や脳炎にかかる可能性が高くなり大変危険です。

2の出産時の産道感染のパターンは全体の85%と一番多く、胎児が生まれてくるときに産道に発生している性器ヘルペスに触れてしまう事で感染してしまうパターンです。
分娩時に性器ヘルペスを発症している場合は、感染のリスクの高い産道を通らせない為に、帝王切開という方法をとるのです。

3の出産後の感染とは、妊娠中の性器ヘルペスとは少し関連が薄くなりますが、ヘルペスウイルスの感染者が出産後の胎児にキスや頬ずりをする事で感染するものになります。
通常小さい子供はヘルペスウイルスに感染しても症状が現れない事も多くあまり問題にならないのですが、生後一カ月以内の新生児は別です。
出産後一カ月までの新生児は、病気に対する抵抗力が非常に弱く、とても症状が重くなる事があります。



ヘルペスメニュー

トップに戻る