性器ヘルペスの再発

再発を繰り返す性器ヘルペス

性器ヘルペスは完治することのない病気です。

性器ヘルペスの厄介なところは何度も何度も再発を繰り返す事にあります。

残念な事に現在の医療では、性器ヘルペスのウイルスを完全に殺す事は不可能な為、性器ヘルペスの再発を繰り返す生活は生涯続きます。
性器ヘルペスは一度発症すると完治する事のできない病気なのです。

性器ヘルペスの再発の頻度

性器ヘルペスの原因菌は『単純ヘルペスウイルス2型』と呼ばれるウイルスです。
同じヘルペスウイルスでも口唇へルぺスを引き起こすなど、主に人間の身体の上半身側に感染するウイルスは『単純ヘルペスウイルス1型』と呼ばれ分けられます。
この二つのウイルスの違いとして、感染場所以外には"再発の頻度"が挙げられます。

1991年に測定した、1年あたりの再発頻度の平均値を比べたデータにその差が現れています。
単純ヘルペスウイルス1型(口唇ヘルペスなど)の再発頻度が年に2.14回であるのに対し、単純ヘルペスウイルス2型(性器ヘルペスなど)の場合は年に9.34回と圧倒的に高いのです。

さらに、性器ヘルペスの再発頻度に関しては男女差もありました。
女性の性器ヘルペスの再発頻度の平均が年に7.2回なのに対して、男性の場合は年に12.3回と男性の方が圧倒的に多いのです。

ただし、これはあくまで平均値であり、性器ヘルペスの再発頻度には個人差があります。
例えば、体内に潜伏しているウイルスの量や身体の状態、同じ種類のウイルスでも性質が異なるなどの要因によって、このような個人差が生まれるのです。

性器ヘルペスの再発の兆候

再発を繰り返すようになると、徐々に再発の兆候が掴めるようになってきます。
性器ヘルペスの再発を繰り返している人の8割に数日前から、腰痛、ひざから下の足のしびれ感など神経痛のような症状が見られるようです。
そして発生が近づくにつれ、性器にムズムズやかゆみなどの違和感を経て、発症に至るようです。

また、女性の場合は生理前に性器ヘルペスを発生させやすいと言われています。
生理前は、性ホルモンの影響で、ウイルスが活性化しやすくなる事が関係していると思われます。

性器ヘルペスの再発予防

性器ヘルペスが再発するきっかけには、風邪など体調不良による免疫力の低下や、ストレスや不安感などによる精神的疲労が関わっていると言われています。
規則正しく、健康的な暮らしを心がける事が再発の予防につながります。

また、薬でウイルスを抑える『再発抑制療法』という再発を防ぐ為の治療法もあります。
再発抑制療法とは毎日抗ウイルス薬を服用する事によって、少しでも性器ヘルペスの再発を抑えようというものです。(完全に再発を防止できるものではありません。)
性器ヘルペスの再発頻度が高いようなら、医師に相談しましょう。

また、抗ウイルス薬は処方箋が無くても通販を利用すれば購入できるので、コストを抑えたい人は通販の利用がおすすめです。



ヘルペスメニュー

トップに戻る