口唇ヘルペスの感染経路

口唇ヘルペスの感染経路は?

口唇ヘルペスの感染経路は日常の多くに潜んでいます。

口唇ヘルペスの感染経路として以下が挙げられます。

口唇ヘルペスの感染経路には直接的なものと間接的なものがあります。

口唇ヘルペスの感染経路は、口唇ヘルペスの症状が出ている人と直接触れ合う事によって感染する『直接的』なものと、感染者が使用した器具に触れる事によって感染する『間接的』なものとに分けられます。

直接的な感染経路

口唇ヘルペスの感染者とのキスや性行為、頬ずりや口移しなど親から子への接触が直接的な感染経路に該当されます。
特に相手が口唇ヘルペスの症状を発症している状態であれば、大変感染力が高まっている状態になるので、直接触れ合う事は避けるようにしましょう。

性行為においては、たとえ相手が口唇ヘルペスを発症していなかったとしても、性器ヘルペスを発症していれば、フェラチオやクンニリングスなどのオーラルセックスをする事で口にウイルスが移り、口唇ヘルペスとして発症します。

ただし、口唇ヘルペスは性病として認識されている場合が多いですが、厳密には性病というわけではありません。
もし感染者と性行為をした場合においては、感染経路の中でも特に濃密な接触になる為、感染の確率が高くはなりますが、後に記述する間接的なものも含めて感染経路は数多く存在します。
恋人が口唇ヘルペスを発症したからといって、それだけで浮気を疑うのは早とちりになるかもしれません。

間接的な感染経路

これは家族の中に口唇へルぺスに感染している人がいる場合に、もっとも多くなる感染経路です。
口唇ヘルペスの感染者が使った食器やタオルに潜み、それに触れる事によって感染する場合があるのです。
「たかがタオルに触れただけで感染するの?」と思うかもしれませんが、油断はできません。

通常では、ウイルスが付着したものに触れたとしても、皮膚が健康な状態であれば、皮膚表面のバリア機能により感染が防がれます。
注意が必要なのは、傷や湿疹、アトピーなどの炎症によって肌が荒れている場合です。この状態では肌のバリア機能が正常に働いておらず、簡単に感染してしまうのです。

また、感染経路は家の中だけではありません。 例えば公共のトイレの便座に感染者の粘液が付着していれば、それも立派な感染経路になるのです。
必要以上に過敏になる必要はありませんが、もしお尻の肌が荒れている状態ならば、備え付けの殺菌スプレーなどを駆使して清潔にしてから座るようにする事で対策ができます。

無自覚で感染経路を増やしている人もいます。

口唇ヘルペスのを発症していなくても、ウイルスは潜伏している事も…。

実は口唇ヘルペスのウイルスに感染はしているけど、症状が現れずに感染している事に気づいていないという人はかなり存在します。

小さい子供の内に感染すると症状が軽いか現れない事が多く、大人になっても実は自分が感染している事に気づかない事が多いのです。

口唇ヘルペスのウイルスは症状が現れなかったとしても、一度感染すると死滅する事は無く『三叉神経』と呼ばれる神経の根元部分に潜んでいて、生涯にわたって潜み続けます。
このように無自覚のうちに感染している人が、恋人や子供にウイルスをうつす感染経路になっている場合が多いのです。

実際に、昭和33年の頃には、9歳の時点でおよそ50%の人が口唇ヘルペスの原因となるウイルスに感染経験があったと言われており、その感染経路のほとんどが家族からのものだと思われます。
昨今では清潔志向の高まりによって感染経路が減り、この数はどんどん減ってきていますが、おじいさんおばあさん世代との接触が無自覚の感染経路となっている場合があります。
とは言え、感染していても症状を発症していなければ、感染力はかなり弱まる為、そこまで慎重になる必要はありません。

また、先述したように幼児のうちに感染してしまえば、症状は現れないか軽く済む事が多く、むしろ免疫が出来て将来的に口唇ヘルペスを発症しにくくなるので悪い事ばかりでもありません。



ヘルペスメニュー

トップに戻る