口唇ヘルペスの市販薬

口唇ヘルペスに対しては市販薬が販売されています。

口唇ヘルペスの市販薬が販売されるようになったのは近年です。

もともと口唇ヘルペスの治療は医師に処方された処方薬の抗ウイルス薬でのみ行われてきました。

ですが、ヘルペスの抗ウイルス薬は、副作用も少なく安全性が高い事が認められ、2007年から市販薬として販売されるようになりました。

これにより、病院に行かなくても、口唇ヘルペスに対してある程度の対処ができるようになりました。
口唇ヘルペスの発症を感じたらすぐに市販薬を塗る事で症状を抑える事ができます。

市販薬は全て外に塗るタイプのお薬になります。

口唇ヘルペスの主な市販薬としては以下が挙げられます。

いずれも軟膏やクリームタイプの外に塗るタイプの外用薬になります。
口から飲むタイプの内服薬は、処方薬に限定されています。

症状が重症化した場合では、塗り薬だけでは対処できませんので、すぐに医師に相談するようにして下さい。

また、あくまでこれは口唇ヘルペスのみに有効な薬であり、性器ヘルペス用には作られていません。
性器ヘルペスは症状が重くなりやすく、内服薬による治療が必要なのです。

市販薬は口唇ヘルペスの再発時にのみ有効です。

口唇ヘルペスは再発を繰り返す病気です。
市販薬はその再発した口唇ヘルペスの症状を、最小限に抑える事のみにおいて有効です。

口唇ヘルペスは初感染時の場合は症状がとても重くなります。
先述したように、症状が重症であれば、市販薬では対処ができませんので、初めて感染して口唇ヘルペスを発症した場合はすぐに病院に行きましょう。

また、口唇ヘルペスの市販薬は『第1類医薬品』であり、薬剤師との対面販売になります。
そこで症状について診断があり、問題なしと判断されなくては購入ができません。
市販薬を購入できるのは、過去に医師から口唇ヘルペスと診断・治療を受けたことのある人に限ります。

病院に行かずに処方薬を購入する方法もあります。

通販を利用すれば、市販薬より効果の高い処方薬が個人で買えます。

市販薬の効果はあくまで応急処置的なものだと捉えて下さい。
症状が重く出てしまった場合にはどうしても、処方薬が必要になります。病院に行って処方してもらいましょう。

「病院に行く時間が無い」「診察代を節約したい」という人には通販の利用がおススメです。
当サイトでは、個人輸入代行サービスを行っており、医師の処方がなくても自宅で購入ができます。
口唇ヘルペスは再発を繰り返す病気です。市販薬よりも確実な効果のある処方薬を常備しておくと心強いでしょう。



ヘルペスメニュー

トップに戻る