ヘルペスの薬

ヘルペスの薬ってどんなのがあるの

薬でヘルペスウイルスを死滅させる事はできません。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純ヘルペスや帯状疱疹、水疱瘡(みずぼうそう)などに使われるお薬はどれも抗ウイルス薬と呼ばれるものです。

抗ウイルス薬とはヘルペスの原因となるヘルペスウイルスの増殖を抑える目的で作られたものです。
あくまで増殖を抑えるだけで、ヘルペスウイルスを直接死滅させる効果はありません。
現在、ヘルペスウイルスを死滅する事ができる薬は存在しないのです。

ヘルペスの症状が現れた時に、抗ウイルス薬を飲む事で、それ以上ヘルペスウイルスが増殖し症状が広がるのをくいとめる事ができます。
症状の規模が抑えられる事で、ヘルペスからの回復も早くなります。

バルトレックス

バルトレックスはヘルペス治療において、現在最も使われているお薬です。

バルトレックスは、現在ヘルペス治療の現場で第一選択で処方されるお薬です。
従来の抗ヘルペス薬よりも吸収効率が良く、比較的少ない服用回数で効果が発揮できるというメリットがあります。

ヘルペスの抗ウイルス薬の中では比較的薬価が高めになります。

バルトレックスについて詳しくはこちら

ゾビラックス

ゾビラックスは比較的安価にヘルペス治療が行えるお薬です。

ゾビラックスは『アシクロビル』を主成分とする抗ウイルス薬で、長い間ヘルペス治療の現場で使われてきた、実績の高いお薬です。

錠剤タイプや顆粒タイプ、点滴薬に軟膏タイプなど、ヘルペスの症状に合わせて様々な形態で使われています。

バルトレックスと比べて吸収効率が悪く一日の服用回数が多いというデメリットがありますが、薬価がいささか安く、一日につき100円ほどコストを抑える事ができます。

ゾビラックスについて詳しくはこちら

ファムビル錠

ファムビル錠は飲みやすいお薬です。

ファムビル錠も上の二つ同様の抗ウイルス薬です。
ヘルペスの治療の際にはバルトレックスかゾビラックスかファムビル錠のうちのどれかが処方される事が多いでしょう。

他の薬と比べて、比較的錠剤のサイズが小さく、錠剤が苦手な人でも服用しやすいというメリットがあります。

ファムビルについて詳しくはこちら

ヘルペスの市販薬

口唇ヘルペスのみ市販薬が売られています。

ヘルペスの症状のうち、口唇ヘルペスにおいてのみ市販薬が販売されています。
市販薬はいずれも軟膏タイプのものであり、口唇ヘルペスの再発時に早期に塗布する事で症状を抑える効果を発揮します。

ただし、効果が認められるのは比較的症状の軽い再発時のみで、口唇ヘルペスの初発時は症状が重くなる事が多いので、軟膏だけで抑える事は不可能です。

ヘルペスの市販薬について詳しくはこちら



ヘルペスメニュー

トップに戻る