バルトレックのジェネリック

バルトレックスのジェネリックがあります。

バルトレックスは比較的高価なお薬です。

バルトレックスはヘルペスや帯状疱疹の治療において、第一選択の薬として使われている抗ウイルス薬です。

ヘルペスの治療では、1日2錠の服用を基本としており、病院で処方される場合は保険が適用されていても1錠につき550円ほどします。
場合によっては保険適用外になる時もあり、保険適用外においては1錠につき1,800円もかかってしまいます。

通販を利用すれば、もう少し値段を抑える事もできますが、極力費用を抑えたいという人には、バルトレックスのジェネリックを利用するのがおススメです。

そもそもジェネリックって何?安心なの?

ジェネリックとは、新開発された薬(バルトレックス)の特許が切れてから、全く同じ成分で作られた後発医薬品の事です。

成分にはバルトレックスと同じ物が使われているので、全く同じ効果が期待できる上に、開発費がかかっていない為、比較的安価で販売されています。

ジェネリック医薬品も今では世間で広く浸透してきましたが、「本当に効くの?」「安心して使えるの?」といった不安を抱えている人も少なからずいるかと思います。
先述しましたが、中身は全く同じなので、効果は全く同じですし、ジェネリックにだけ妙な副作用が現れるような事もありません。

ハッキリ言って、ジェネリックを購入した方がずっとお得なので、これからバルトレックスの購入を考えている方は、ジェネリックの購入を検討されてはいかがでしょうか?
バルトレックスのジェネリック医薬品としては、『セントレックス』という製品があります。

バルトレックスのジェネリック『セントレックス』は通販でしか買えません。

セントレックスは、バルトレックスのジェネリック医薬品で、バルトレックス同様に『バラシクロビル』を主成分としています。

セントレックスはまだ、日本の医療現場では使われていない為、病院にいっても処方はしてくれません。
購入したい場合は、通販を利用するしかありません。

値段は10錠入りでだいたい2500円前後で販売されています。
通販で売られているバルトレックスは10錠入りで、4,000円程になりますのでジェネリックなだけあって、1,500円も安く購入できます。

1錠ずつに換算すると、セントレックスの値段が1錠につき250円程になり、バルトレックスよりも150円ほど安くなります。
たかが150円と思うかもしれませんが、バルトレックスは毎日2錠ずつ飲むものですし、ヘルぺスの再発抑制治療を行っている人は毎日服用する事になりますので、次第にこの差は大きく響いてきます。



ヘルペスメニュー

トップに戻る