バルトレックの効果

バルトレックスにはウイルスの増殖を抑える効果があります

バルトレックスはヘルペスウイルスによる感染症全般に効果があります。

バルトレックスは以下の病気に対して効果を発揮します。

これらはどれも『ヘルペスウイルス』を病原菌として発症する感染症です。
バルトレックスはヘルペスウイルスに対して効果を発揮する『抗ウイルス薬』なのです。

具体的にはどんな効果があるの?

バルトレックスには、ウイルスが増殖するのを阻害する効果があります。
ウイルスは増殖すればするほど、人間の体に水ぶくれや痛みなどの害をもたらします。

症状が重く現れている時は、ウイルスがかなり多く増殖してしまっている状態であると言えます。
バルトレックスをウイルスが増殖しきっていない初期に飲む事で、症状を最小限に抑え、回復を早める事ができます。
また、毎日飲む事で予防としての効果も得られます。

バルトレックスはどうして効果があるの?

ヘルペスウイルスは、感染後に宿主の細胞を利用して自身のDNAをコピーする事によって、どんどん増殖します。

バルトレックスの主成分である『バラシクロビル』には、ヘルペスウイルスのDNAのコピーを阻害する効果があります。
ウイルスはDNAのコピーが出来ないと、増殖することも出来ないのです。

バルトレックスは出来るだけ早く飲む事で効果を発揮します

再発を繰り返す人はバルトレックスを常備しておくのがいいでしょう。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスは再発を繰り返す病気です。

バルトレックスにはウイルスを増殖させない効果はあっても、ウイルスを死滅させる効果はありません。
現代の医療ではヘルペスウイルスを完治させる事は不可能です。一度発症すると宿主が死ぬまで身体の奥にウイルスは住み続け、事あるごとにウイルスは急に増殖して再発を繰り返します。

先述しましたが、バルトレックスはウイルスが増殖する前に服用する事で、症状を最小限に抑える効果が得られます。
バルトレックスは処方薬です。再発して症状が現れてから、いちいち病院に行って処方箋を貰っていたら、時間がかかるし、病院に行けない状況も想定する必要があります。
あらかじめバルトレックスを常備しておいて、再発の予兆があったらすぐに服用できるようにしましょう。

バルトレックスによる予防効果

バルトレックスは毎日飲み続ける事によって"予防効果"を得る事も出来ます。
これは『再発抑制療法』と呼ばれる方法です。症状が出ていなくても毎日バルトレックスを飲む事で、常にウイルスを抑制し、ヘルペスの再発を防ぎます。

ただしこの方法は毎日バルトレックスを消費するので、それなりにコストがかります。

バルトレックスを病院で購入する際には、保険が適用されますが、1年に6回以の再発を繰り返している人に限ります。

少しでもコストを削る方法として、通販を利用するという方法があります。
通販ならば、処方箋が無くても個人で安価にバルトレックスが購入できるのです。



ヘルペスメニュー

トップに戻る