淋病

淋病ってどんな性病?

男性の場合は、激しい尿道炎の症状を伴います。

「尿道から次々と白っぽい膿が溢れ出てくる…」
「おしっこをする時、めちゃくちゃ痛い」
「一日に何回もおしっこが出る…」

これらの症状を感じている人は、淋病の発症が考えられます。

淋病

淋病は、細菌の仲間である淋菌に感染したのち、2~7日ほどの潜伏期間を経て発症する性病(性感染症)です。
性病の中でも、クラミジアに次いで感染頻度が高く、より私たちに身近な病気であると言えます。

患者数の多くは男性が占めており、女性が感染してもあまり自覚症状が見られません。
男性の淋病の症状として、顕著に見られるのが激しい尿道炎です。
尿道から膿のような分泌物が多量に見られたり、排尿時や勃起時に強い痛みを伴ったりなどの症状が見られます。

淋病の症状について

淋病の感染について

淋病は、主に以下の部位に感染します。

性器と喉、肛門に感染する事から、あらゆる性行為が感染経路となります。
つまり、通常のセックスだけでなく、オーラルセックスやディープキスなどでも感染する事があるのです。

性行為を行った場合の感染率は約30%であり、性病の中でも比較的高い感染力を持っています。

気を付けなくてはいけないのが、女性に自覚症状が現れにくい事から、無自覚の淋病感染者が多く存在するという事です。
特に不特定多数の男性と交わる風俗店で働いている女性の場合、誰が淋病を持っていても何らおかしくありません。

また、ごくまれにはなりますが、性行為以外にも感染経路となるものは存在します。

淋病の感染経路について

淋病の治療について

淋病を放置してはいけません。

淋病が発症した場合、早急に治療を受ける必要があります。
「病院に行くのが億劫だから…」と放置してしまうのは絶対にNGです。

淋病は自然治癒には期待できないため、いつまで経っても治らないどころか、より重篤な症状を招くことになります。

淋病を放置したらどうなる?

検査は病院以外でも受けられます。

まだ「淋病に感染しているかもしれない」という状態であれば、すぐに検査を受けましょう。
淋病の検査は、病院か保健所、検査キットなどでも行えます。
検査はどこで受けるかによって、それぞれにメリット・デメリットがあります。

また、検査方法は男性と女性でそれぞれ異なりますので、きちんと心構えをして臨みましょう。

淋病の検査について

淋病には抗生物質が用いられます。

淋病の治療は、抗生物質を用いて行われます。
淋病の病原菌である淋菌は、多くの抗生物質に対して耐性を持っており、効く薬は限られています。

現在では、淋病治療においては、セフトリアキソンやスペクチノマイシンといった抗生物質が推奨されています。
これらはいずれも注射薬であり、一回注射を打つだけで治療が完了します。

ただし、必ずしも上記の注射薬が用いられるわけではなく、実際の医療現場では、飲み薬による治療が行われる事もあります。

淋病の治療について



淋病メニュー

トップに戻る