淋病-女性の症状-

女性に見られる淋病の症状

女性の淋病には、あまり自覚症状が見られません。

軽度にはなりますが、女性が淋病に感染した場合に、現れる可能性のある症状としては、以下が挙げられます。

淋病女性の症状

女性が淋病に感染した場合、症状は『非常に程度が軽いものである』または『症状に気付かない』のどちらかである場合がほとんどであり、男性と比べて症状が緩やかであると言えます。

菌が子宮頸管へ感染し、子宮頸管炎を引き起こす事で、おりものの異変や下腹部の痛み、不正出血などの症状が見られます。しかし、症状が緩やかであるため、淋病の感染には気づかない事が多くあります。
これらの症状は、トリコモナスやクラミジアなど他の性病による症状と似ており、"淋病特有の症状"と言えるものはありません。検査を受けない限り、淋病であると特定するのは困難です。

また、淋病は性器だけでなく、喉にも感染します。
喉に感染した淋病は、咽頭淋病と呼ばれます。女性の場合はオーラルセックスによって性器が喉に触れる機会が多く、咽頭淋病に感染しやすくなるので、注意が 必要です。
こちらも自覚症状が少なく、感染に気付きにくくなっています。

女性は淋病を見落としがち

淋病に感染した女性のうち、およそ80%の人には自覚症状が無いとされており、多くの女性が淋病への感染を見落としています。
注意しなくてはいけないのが、感染を見落とす事によって『感染の拡大』と『症状の進行』のリスクが高まるという事です。

感染拡大のリスク

淋病に感染した本人に自覚症状が出ていなかったとしても、性行為を行う事で相手に感染させてしまう可能性は十分にあります。
つまり、淋病の感染に気付いていない女性が男性と性行為を行う事で、無意識に淋病の菌を感染させてしまっているのです。

症状の進行のリスク

感染に気付かずに淋病を放置してしまう事で、知らないうちに菌が子宮の奥まで進行してしまう場合もあります。
淋病が進行すると子宮内膜炎や卵管炎、骨盤腹膜炎が引き起こされます。
ここまで症状が進行すると、腹痛や発熱などの自覚症状が見られるようになります。症状がかなり悪化してから、ようやく淋病に気付くという女性も少なくありません。

また、最悪の場合では、不妊などの重篤な症状にまで発展してしまう危険性もあるため注意が必要です。

女性は注意!母子感染の危険性。

女性が淋病に感染した場合にリスクとなるのが、妊娠時の母子感染です。
妊婦が淋病に感染すると、胎児が結膜炎を発症する事があり、最悪の場合、胎児の失明の可能性もあります。

また、淋病を発症した状態で出産を迎えると、出産時に胎児が淋病の菌に触れてしまう事で、胎児が肺炎を患ってしまうリスクもあります。



淋病メニュー

トップに戻る