トリコモナス

トリコモナスってどんな性病?

かゆみ、おりものの異常などが見られます。

「おりものが黄緑色に濁っている」
「膣内部がかゆい」
「おしっこをする時痛い」

これらの症状を感じている人は、トリコモナスの発症が考えられます。
トリコモナスは、病原菌である『トリコモナス原虫』に感染する事で発症する性病(性感染症)のひとつです。
トリコモナス原虫が、膣内の健康を保つ働きをしている常在菌を弱らせてしまう事で、様々な異常が引き起こされるのです。

男性と比べて、女性の方が発症率が高く、『膣トリコモナス』や『トリコモナス膣炎』と呼ばれる事もあります。
感染すると、性器に違和感を感じたり、おりものに異常が見られたりと様々な症状が見られます。

トリコモナスの症状について

性行為によって感染します。

トリコモナスの主な感染経路は性行為です。
特にコンドームを使用せずにセックスを行った場合には、高い確率で感染します。

潜伏期間もあるので、不特定多数の人間と性行為を行った場合には感染経路の特定が難しくなります。
トリコモナスの潜伏期間について

また、性行為をした相手が、必ずしも感染経路であるとは限りません。
トリコモナスの感染経路について

トリコモナスの治療

まずは検査を受けましょう

トリコモナスの治療を受ける前に、まずは病院で検査を受けに行きましょう。
女性の方の中には、性病の検査を受ける事に対しての抵抗が強い人もいるかとは思いますが、悪化させない為にも必要不可欠です。
検査は病院のどの科に行けばいいのか?検査方法は?などを紹介します。

トリコモナスの検査について

トリコモナスは薬で治療します。

トリコモナスの治療は薬物療法によって行われます。
つまり、病院に行ってお医者さんに薬を処方してもらうという、風邪の治療の時と同様の方法です。

薬によって、トリコモナス原虫を殺菌することで症状が改善されます。
治療を行わないと、トリコモナス原虫がどんどん繁殖して悪化してしまいますので、早急な治療が必要です。

トリコモナスの治療について

治療後の再発に注意

トリコモナスは、まれに治療後すぐに再発してしまう事があります。
原因には色々ありますが、大きく分けて、「トリコモナス原虫を殺菌しきれなかった場合」か「トリコモナス原虫に再感染してしまった場合」のどちらかになります。

それでは、どのような時にこれらの事が起きてしまうのでしょうか?
トリコモナスの再発を引き起こす3つの原因を紹介します。

トリコモナスの再発を引き起こす3つの原因とは?



トリコモナスメニュー

トップに戻る