トリコモナスの感染経路

トリコモナスの感染経路

トリコモナスの主な感染経路はコンドーム無しでの性行為です。

トリコモナスの感染経路として以下が挙げられます。

代表的な性病の一つであるトリコモナスの主な感染経路は、もちろん性行為です。
特に、コンドームを着用せずに行うセックスは感染率は非常に高くなります。

トリコモナスの感染経路の特徴として、男性→女性・女性→男性・女性→女性はあっても男性→男性の感染は無いという事が挙げられます。
トリコモナスの病原菌は、基本的に膣内に潜伏しますので、男性間の性行為で感染する事はほぼ無いとされています。

トリコモナスの菌は水のある場所で生き続けます。

トリコモナスの感染経路は性行為だけではありません。
公衆浴場やプール、トイレなども感染経路になる事があるのです。
その理由は、トリコモナスの病原菌である『トリコモナス原虫』の強い生命力にあります。

トリコモナス原虫は、人間の細胞の中でしか生きていけないHIVウイルスと違い、人の身体から離れても、水の中であればしばらく生存する事が可能なのです。
乾燥には非常に弱いトリコモナス原虫ですが、水のある公衆浴場やプールが感染経路となるのはその為です。

日常に潜むトリコモナスの感染経路

子供がトリコモナスに!?思わぬ感染経路に注意。

私たちの日常の中にはトリコモナスの感染経路となるものが非常に多く潜んでいます。
日常の中にあり、見落としがちな感染経路としては、以下が挙げられます。

これらの感染経路によって、まだ幼い子供が普通に生活してるだけで、突然トリコモナスに感染してしまうケースもあるのです。
幼い子供だと、上手く座れずにトイレの便座に陰部を直接くっつけてしまい、そこから感染してしまう事もあるため注意が必要です。
とは言え、子供が感染するケースでは家族が感染経路になっている場合がほとんどです。家族に感染者がいる場合ではタオルの使いまわしなどは止めましょう。

妊娠中の感染に注意。

妊娠中は、膣内の自浄作用が弱くなっており、普段よりトリコモナスに感染しやすくなっているのです。
性行為などのダイレクトな感染経路でなくても、簡単に感染してしまう可能性が高まります。

妊娠中のトリコモナスへの感染は、早産や流産のリスクに繋がります。
また、ごくまれではありますが、出産時にトリコモナスに感染していると、赤ちゃんが産道感染をしてしまう事もあるので、早期治療が必要になります。



トリコモナスメニュー

トップに戻る