トリコモナスの潜伏期間

トリコモナスの潜伏期間は?

トリコモナスの潜伏期間には大きく個人差があります。

トリコモナスの潜伏期間は、平均して10日前後になります。
とは言え、この10日前後という数字はあくまで平均であり、実際には個人差が大きく、人によって潜伏期間は異なります。
早い人では感染から3日後にはトリコモナスの症状を発症する人がいますが、遅い人では発症までに1カ月ほどかかります。

以上の事から、トリコモナスの潜伏期間から計算して、感染した時期や感染経路を特定するのはほとんど不可能です。
ここ一カ月のうちに複数のパートナーと性交を重ねている場合には、その内全員に可能性があるのです。

トリコモナスは潜伏期間だけで終わる事も!?

トリコモナスは、原因菌であるトリコモナス原虫に感染したからと言って必ず発症するわけではありません。
つまりトリコモナスは潜伏期間のまま、何も起こらずに終わってしまう事も多くあるのです。
実際にトリコモナスに感染しても、男性の場合は9割以上の人には何も起こりません。

女性は男性よりも発症率が高く、50~80%の人に数日の潜伏期間の後に症状が見られます。
また、最初は無症状だった場合でも、その内の三分の一人には、半年以内に症状が現れると言われています。
つまり、トリコモナスの女性感染者が潜伏期間だけで終わる割合は、おおよそ13~33%くらいになります。

トリコモナスには潜伏期間でも感染力はあります。
感染者を増やしているのは潜伏期間中の性行為。

覚えておきたいのは、トリコモナスには潜伏期間であっても感染力があるという事です。
つまり、症状が全く出ていなくても、トリコモナスの潜伏期間中にコンドームを装着せずにセックスを行う事は、相手に感染させるリスクの高い大変危険な行為なのです。

潜伏期間中は、検査を受けない限り自分がトリコモナスに感染している事に気付けません。潜伏期間に不特定多数の人間と性交を重ねる事で、無自覚で感染者を量産してしまうのです。

注意が必要なのは、自分のパートナーにトリコモナスの感染が発覚した時です。
トリコモナスは強い感染力を持つ性病です。パートナーが感染しているという事は、高確率で自分の中にもトリコモナスが潜伏していると考えた方が良いでしょう。



トリコモナスメニュー

トップに戻る