トリコモナスの症状

トリコモナスはどんな症状?

男性・女性で症状が大きく異なります。

トリコモナスの症状の現れ方は男性と女性で大きく異なります。
女性がトリコモナスに感染した場合に見られる症状としては、性器周辺のかゆみや違和感、おりもの異常などが挙げられます。
トリコモナスの女性の症状について詳しく

男性はトリコモナスに感染しても、自覚症状が無いor非常に軽度である事がほとんどです。
性器の構造の違いから、男性はトリコモナスの原因菌の影響を受けにくいのです。
ただし、男性でもトリコモナスに感染すると、尿道炎の症状を発症する事があります。
症状は軽くて、3週間ほどで勝手に完治してしまう事がほとんどですが、感染を防ぐためにもトリコモナスの症状に心当たりがあるならば、性行為は控えましょう。
トリコモナスの男性の症状について詳しく

症状が現れない事の多い性病です。

トリコモナスに感染すると、3週間程の潜伏期間を経て症状が現れますが、必ずしも発症する性病ではありません。
男性の場合は症状が現れる事はほとんどない先述しましたが、女性の場合でも、実際に症状が現れるのはおよそ半数程度なのです。
症状が現れない事が必ずしも良い事かと言ったら、そういうわけではなく、トリコモナスの感染の拡大を助長する事にも繋がります。
たとえトリコモナスの自覚症状がなくても、病原菌は持っていますので、性行為を行えば相手に感染させるリスクは十分にあるのです。

トリコモナスは感染力の高い性病です。パートナーがトリコモナス症を発症した場合は、たとえ自覚症状がなくても自分もトリコモナスに感染している可能性が高くなります。
症状が無くても、感染の疑いがあれば、すぐに検査・治療を行う事を忘れないようにしましょう。

トリコモナスの症状が出たらどうすればいいの?

症状に気付いたらすぐに検査を受けましょう。

トリコモナスの症状が現れたら、まずは病院で検査を受けましょう。
ピンポン感染を防ぐためにも、特定のパートナーが居る場合には、症状が出ていなくても必ずパートナーにも検査を受けさせるようにしましょう。
不特定多数の相手との関係がある場合には、トリコモナスが完治するまでは性行為は控えましょう。
治療期間は10日間ほどになります。早く症状を治めるためにも病院に足を運ぶ事が先決です。

明らかにトリコモナスの症状が出ている!
でも、病院に行くのは恥ずかしい…。

明らかにトリコモナスの症状が出ているのに、病院に行く時間が無かったり、どうしても病院に行くのは恥ずかしいと感じてしまう人もいるかと思います。
あくまで病院に行くのが適切ではありますが、トリコモナスの症状が出ているのに放置してしまうくらいなら自分で治療をしましょう。
トリコモナスの治療は薬物療法になるので、薬さえあれば自力でも治療が行えるのです。

トリコモナスの症状を抑える薬は、通販を利用すれば自宅で購入が出来ます。使い方を良く読み用法用量を守って、適切に使いましょう。
ただし、薬を通販で購入する場合、医師の指導を受けられませんので、自己責任になってしまうデメリットがある事も忘れないようにしましょう。



トリコモナスメニュー

トップに戻る