トリコモナス-男性の症状-

男性に見られるトリコモナスの症状

男性は症状が出ない事がほとんどです。

男性の場合、トリコモナス症の原因菌であるトリコモナス原虫に感染したとしても、症状が現れる事はほとんどありません。
実に、90%以上の男性に自覚症状が見られないとされており、仮にトリコモナス症の症状が見られても、3週間前後で消えてしまう事がほとんどです。

トリコモナスは非常に感染力が高く、男性であっても、女性であっても関係なく感染します。
しかし、男性の場合ではトリコモナスの感染部位は尿道からになるので、感染しても尿によって洗い流されてしまう事がほとんどなのです。

排尿痛などの症状が見られます。

男性がトリコモナス症を発症した場合の症状として、以下が挙げられます。

トリコモナス男性

男性は、トリコモナスに感染しても自覚症状が見られない事がほとんどですが、非感染者と比べると上記のような『尿道炎』の症状がわずかに見られます。
男性の場合では、病院で検査を受けた際の病名はトリコモナス症ではなく『非淋菌尿道炎』と診断されます。
非淋菌尿道炎とは、淋菌以外の病原微生物の感染でおこる尿道炎全般を指す病名であり、その中でもトリコモナスを原因として引き起こされるものは珍しい部類になります。

たとえ症状が見られなくても感染力はある。

男性では、トリコモナスに感染しても症状が見られない事がほとんどですが、たとえ症状が出ていなくても感染者である事には変わりありません。
つまり体の中に菌がいる状態で、性行為をすれば当然相手にトリコモナスをうつしてしまうリスクがあるという事です。

むしろ男性に自覚症状がない為、トリコモナスへの感染に気付かずに性行為を重ねてしまう事こそが、トリコモナスの感染を広げる大きな要因の一つでもあるのです。
大事なのは、トリコモナスへの感染の疑いがあるならば、すぐに検査を受ける事です。

例えば、自分のパートナーである女性がトリコモナス症を発症している場合は、男性側も感染している可能性はとても高くなります。
その場合、いくら女性側だけが治療をしたとしても、男性にトリコモナスがいる限りはピンポン感染を繰り返し、完治する事ができません。
男性側にトリコモナスの症状が見られなかったとしても、パートナーと一緒に検査を受けに行きましょう。



トリコモナスメニュー

トップに戻る